設備の重要性とその利用目的を把握し、適切に設置する

落雷防止のために避雷針を設置しよう

対策と対応

注意するべきこととは

地震が立て続けに起きていると意識が地震への不安に変わってきている人が多いようです。ネガティブな発想などは別にして、常日頃から大きな災害が起こることに備えて生活をすることは、何も考えずに生活をするよりも100倍は良いことだと思います。 地震の対策として、私たちができることは防災用の一式を用意しておくことが出がるにできることですが、地震により家屋が倒壊してしまってはそれも意味がありません。そこで住宅を耐震工事を施して大地震に備えるべきです。 今のところ、この国の住宅は耐震設計ですので、倒壊の危険はないとされていますが、昔の家(1981年より前に建てられた家)に住んでいる人は今よリも緩い基準の耐震設計なので、耐震工事の必要性が高いと言えます。

知っておくとよい情報について

耐震工事を行う場合には何種類か方法があります。まず一番安いもので耐力壁と作り壁に埋め込むことです。筋交いによって耐力壁を作る場合と、ダンパーを入れて耐力壁を作る場合があります。横揺れには強い味方になります。 次に、柱と柱の四つ角に金具を入れる耐震工事です。地震の時家屋が倒壊する原因の一つに建て側の柱と横側の柱が接している部分がスポッと抜けてしまうことです。通常の地震ではそのようなことはまず起こり得ませんが、大きな地震であればその可能性は否定できません。そこで手のひらよりも大きい平べったい金具を釘で打ち付けて、両方の柱を固定して柱が外れるのを防止します。 そして、価格は上二つよりも高いですが、柱と基礎が接している部分を固定する耐震工事です。基礎から建物が外れて倒壊するのを防ぐためです。

Copyright © 2015 設備の重要性とその利用目的を把握し、適切に設置する All Rights Reserved.