設備の重要性とその利用目的を把握し、適切に設置する

落雷防止のために避雷針を設置しよう

建築基準の有無

避雷設備を設けるのはなぜか

建築基準法について勉強した方はご存知かと思いますが、建物の高さが20メートルを超える建築物には、避雷設備を設けなければなりません。 この条文には、但し書きがあり、安全上支障がない場合には設置しなくても良いと書かれています。 しかし、高さが20メートル以下の建築物にも落雷する可能性はあるので、そのことをよく考え、なるべく避雷設備を設けるに越したことはないと思います。 ここで注意しなければならないのは、避雷設備を設けたから雷が落ちないというわけではないということです。 避雷設備を設けても雷が落ちることは当然あります。 避雷設備を設けるのは、落雷による被害を最小限に抑えるためであるということを理解しておく必要があります。

人が集まる施設には、設けるに越したことはない

避雷設備を設ける時は、業者に頼む必要があります。 今では多くの業者が設置工事を行っているので、そういった業者のホームページを見てどの業者に頼むかを決定することになります。 そのような工事は主に電機会社が行いますが、生命に関わることなので信頼できる業者を選択しなければなりません。 避雷設備は、例としてマンション一棟であれば、基本的に避雷針1本、端子箱2個が必要となります。 避雷設備を設けるとは、避雷針を設置すると言い換えることができます。 この避雷針が、建築物を落雷から守る役目を負っているわけです。 避雷針1本と端子箱2個のセットでも、4万5千円から工事可能な業者もあるので、 それぐらいの値段であれば人の命に直結することなので、なるべく避雷設備を設けるようにした方が良いでしょう。 特に、多くの人が集まる集会場や映画館などには、高さが20メートル以上でなくても設けるに越したことはありません。

Copyright © 2015 設備の重要性とその利用目的を把握し、適切に設置する All Rights Reserved.